本文へ移動

スタッフブログ

肝臓を大切に! ~沈黙の臓器・・・肝臓にダメージを与える意外な○○?!~

2021-09-16
肝臓は、栄養素を蓄える大切な臓器で、その働きは多岐にわたっています。
アルコール等に含まれている有害物質を水溶性に分解し、体外に排出する「解毒作用」を持っています。

肝臓は「沈黙の臓器」・・・・
と、呼ばれていることもご存じですか?
肝臓は再生能力が非常に高く、たとえ手術で3分の1程度切除したとしても、残っている肝臓の細胞が増殖し、一定期間を経過すると元にもどります。
こうした優秀な機能を備えているために、肝臓はある程度のダメージを受けてもなかなか症状が表れにくいと言われています。
それ故、何か症状として表れた時には重症となっているケースもあるのです。

肝臓にダメージを与える意外なものって??

①定番「お酒の飲み過ぎ」!!
お酒をたくさん飲むとアルコールの分解を優先してしまい、脂質の代謝をする働きが弱くなります。
そして肝臓に中性脂肪が蓄積され「脂肪肝」になるリスクもあります。

②実は・・・いつも飲んでいるあの薬も・・・?
市販の『くすり』は使用量や使用方法を間違えてしまうと、肝臓に悪い影響することがあります。
薬の多くは肝臓で代謝されますが、使用量、使用方法を誤ると肝機能に問題があります。
これを「薬物性肝障害」と言います。
「お薬は用法用量を守って正しくお使いください」と薬の箱の裏に書いてあるのはこのためです。
体に不調を感じた際には、医師や薬剤師に相談し、薬は正しく使いましょう。

有限会社ふれあい保険工房
〒063-0826
札幌市西区発寒6条7丁目1番3号
TEL.011-676-2882
FAX.011-676-2883
TOPへ戻る